トップセミナー

 経営者、経営幹部層を対象に、各界一流の講師を招き、企業経営に関する重要なテーマについて講演会を開催しております。
 

 
※埼玉県経営者協会の会員の方 もしくは 会員企業の方から紹介された方は
「会員申込」ボタンからお進みください。
講座・セミナー名令和3年度第6回トップセミナー
詳細
  令和3年度第6回トップセミナー
    今、中小企業に求められる『脱炭素経営』とは?
      ~いち早く、炭素経営に取組むメリットと効果を探る~

脱炭素経営によって 期待されるメリット

 1.優位性の構築(自社の競争力を強化し、売上・受注を拡大)
   2.光熱費・燃料費の低減
   3.知名度や認知度の向上
   4.社員のモチベーション向上や人材獲得力の強化
   5.新たな機会の創出と、そのための資金調達において有利に働く

 昨年10月の「2050年カーボンニュートラル宣言」以降、脱炭素に向けた動きが急速に加速しつつあります。産学官金において宣言実現に向けた検討を連携して進めるとともに、大手企業では「RE100」や「SBT」等の国際的な気候変動イニシアティブに加わる取組が近年増加しています。
 こうした脱炭素に向けた急激な社会変化に伴い、今後はサプライチェーン全体での脱炭素への取組みが求められると想定されます。中小企業においても遠からず「脱炭素経営」の取組みが要求されることを踏まえて、当セミナーは、「今、中小企業に求められる『脱炭素経営』とは?」をテーマに開催することといたしました。
 講演の第1部では、環境省より、今年6月に策定された「地域脱炭素ロードマップ」を基に、地域脱炭素の取組みの必要性や有効性についてお話しいただきます。続いて、第2部では実際の取組み事例に関するご発表、第3部では埼玉県の支援制度、並びに金融機関の支援内容についてご説明いただきます。
 脱炭素経営にいち早く取り組むことで、上記1~5のメリットと効果が期待できるとともに、企業の持続可能性強化にも繋がる「攻めの一手」にもなりえます。「脱炭素経営」に踏み出すヒントを探る貴重な機会として、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、オンラインに切換える場合がございますので、予めご了承下さい。

             記
1.日時      令和3年11月29日(月) 13:30~16:00
2.会場    ソニックシティ403・404
3.定員      80名 (先着順・参加費無料) <会員限定>
4.プログラム 裏面参照
5.申込方法  本会のホームページよりお申込みいただくか、
        下記申込書にてFAXでお申し込み下さい。
6.申込期限  令和3年11月24日(水)
□後援 埼玉県

【プログラム】
13:30~14:20
□第1部 講演 「地域の脱炭素の取組みについて」
      環境省 関東地方環境事務所 次長 西前晶子 氏
14:30~15:00
□第2部 企業の取組み事例発表
      株式会社 コスモフーズ 埼玉神川工場
     (「彩の国埼玉中小企業CO2削減大賞」 奨励賞受賞)
15:10~16:00
□第3部 情報提供
    情報提供① 「埼玉県環境部の支援に関して」 
     埼玉県環境部温暖化対策課
    情報提供② 「金融機関の支援に関して」
      株式会社 埼玉りそな銀行 法人部
      株式会社 武蔵野銀行 ソリューション営業部
 
(本件担当 専務理事 廣澤 ・ 事業課 町田 
           TEL 048-647-4100)
脱炭素経営セミナー開催案内.pdf
定員80名
テーマ名今、中小企業に求められる「脱炭素経営」とは?
日程2021年11月29日(月) 13:30~16:00
講師環境省 関東地方環境事務所 次長 西前晶子氏 他
会場ソニックシティ403・404