その他

 

 
※埼玉県経営者協会の会員の方 もしくは 会員企業の方から紹介された方は
「会員申込」ボタンからお進みください。
講座・セミナー名決算書を“武器”に変える、チャンスが増える『決算書を使う技術』
詳細

   《決算書を“武器”に変える、チャンスが増える》
   『決算書を使う技術』
  ~自社の強み・弱みの把握、
          取引先の経営状況の把握等を図解で示す~



1月に開催し、好評を博した「決算書を読む技術」の第2弾「決算書を使う技術」のセミナーを開催いたします。決算書の読み方は何となく知っているが、使うとなるとやや不安があるという方は意外と多いのではないでしょうか。
第2弾の「決算書を使う技術」では、実在の有名企業の財務3表を事例に使いながら、自社の強みや弱み、他社の経営状況を把握するなど、“ワンランク上の技術”を習得していただきます。第1弾の「決算書を読む技術」の内容も含みますので、ご参加されなかった方にもわかりやすいプログラムとなっております。
是非とも多くの方々のご参加をお待ちしております。
 尚、参加された方には、講師の著書である「決算書を使う技術」(かんき出版)を謹呈いたします。

               記

【日 時】 
平成30年7月2日(月)13時30分~17時30分(開場13時)

テーマ 『決算書を使う技術』
講 師  ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社
     ディレクター
           公認会計士 早稲田大学会計大学院非常勤講師 
     川 口 宏 之 氏

【会 場 】
ソニックシティビル4階 市民ホール「401」
さいたま市大宮区桜木町1-7-5


【定 員】
50名(1社何名でも参加可)


【参加費】
1名につき、会員10,000円、非会員15,000円(いずれも消費税込)
※なお、参加費は当日受付にて申し受けます。

【その他】
※電卓または、計算機能付き携帯電話と、筆記用具をご持参ください。

申込書に必要事項をご記入の上、平成30年6月22日(金)迄に事務局宛FAXにてお申込み願います。決算書を使う技術 (申込書付き).doc


プログラム


1.イントロダクション
(1)講師の紹介
(2)決算書の読み方セミナーとの関係
2.決算書の読み方の確認
(1)財務3表の基本構成
(2)貸借対照表(B/S)
(3)損益計算書(P/L)
(4)キャッシュ・フロー計算書(C/F)
3.財務3表相互の関係
(1)B/SとP/Lの関係
(2)B/SとC/Fの関係
(3)P/LとC/Fの関係
(4)連結財務諸表と個別財務諸表
4.財務3表をさらに深堀り
(1)自己資本比率の留意点
(2)D/Eレシオ、財務レバレッジ
(3)流動比率の留意点
5.財務3表を組み合わせた分析指標
(1)総資産回転率
(2)回転期間分析
(3)総資産利益率(ROA)
(4)自己資本利益率(ROE)
(5)キャッシュフローマージン
6.まとめ
(1)本セミナー振返り
(2)財務分析指標の賢い覚え方



【お問合せ】
(一社)埼玉県経営者協会  担当:星﨑 
TEL:048-647-4100

参加費用
一般:15000円
会員:10000円
定員50名
テーマ名~自社の強み・弱みの把握、取引先の経営状況の把握等を図解で示す~
日程2018年07月02日(月) 13:30~17:30
講師ジャパン・ビジネス・アシュアランス㈱ ディレクター 公認会計士 早稲田大学会計大学院非常勤講師 川 口 宏 之 氏
会場ソニックシティ4階市民ホール「401」